« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

ピイチ 骨折 ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

12/28、ライピイpapa 2010年の仕事納め

朝9時前、長男から電話が・・・

ピイチが 骨折した~!!

電話のそばで、二人の弟もパニクって 泣き叫んでる声が聞こえる

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ライピイmamaも仕事中のため 連絡がつかず

すぐに一時帰宅・・・

次男に抱えられてた ピイチの左手首は、完全にプラ~ンプラ~ン shock

ピイチ自身は 思ってたよりも落ち着いてる様子だが

子供達が完全パニック状態sign03

状況を聞くと、高さ85cmの流し台の上から落ちたらしい・・・dash

しょっちゅう ジャンプして上ってたから、

いつか怪我するんじゃないかと注意はしてたけど

やっぱりやってしまった・・・

かかりつけの病院へ電話すると、すぐに診てくれるらしい

家から車で3分くらいの病院で、カルテも準備して待っててくれた confident

簡易的なレントゲンを撮って 確認

A2010_1228_a_2

獣医さんからは

「ここまで ポッキリ折れてたら、間違いなく手術した方がいいですね・・・」

「プレートを入れるかどうかは、麻酔をかけてからの正式なレントゲンで判断します」

「痛みはかなり激しいはずなので 痛み止めのため『麻薬』を使います」

「手首に近いから、難しいかも」

「4~5日の入院が必要です」等など・・・

とにかく、任せるしかないsign03

午後からの手術の同意書を書き ピイチを預けて帰宅し、また仕事にもどる・・・

夕方 17時過ぎても 病院からの連絡がなく、だんだん不安になり 直接病院へ・・・

手術自体は問題なかったけど、麻酔の覚め具合が遅かったため

しばらく様子を診てたそうだsweat01

『イタグレは麻酔に弱い』って 話はよく聞いていたけど、本当らしい・・・sad

「まだ 意識は混濁しているけど、もう大丈夫」と聞き、一安心confident

術前のレントゲン写真

A2010_1228_b

橈骨・尺骨 2本共に 手首から少し離れた場所だったため、

思ったほど難しくはなかったそうだ

術後のレントゲン写真

A2010_1228_c

プレートを9本のスクリューで 橈骨に固定

こんなに細い骨に、よく9本も入れれるな・・・

と 関心しつつ、今後の予定を聞く

「早ければ、あさってくらいに退院できるかも」

「問題なければ、プレートは一生入れっぱなし」

「多頭飼いの場合は特に、今後も注意が必要」等など・・・

自分自身で骨折した おバカなピイチだけど

手術、よく頑張りました・・・weep

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »